ブライダルネイルは何にためにするのか考える

結婚式を挙げる季節によって、ネイルのデザインや色は変わります。 行きつけのネイルサロンがあれば、どういうネイルがどれくらいもつのかある程度分かりますが、あまりネイルをする機会がない方は、無難に式の前日か前々日あたりにブライダルネイルの予約を取ると良いと思います。

ブライダルネイルをするタイミング

ブライダルネイルが普段のネイルと違うところは、本番にかける情熱だと思います。
普段も合コンやデートなどで彼氏や男友達に可愛く見てもらいたいという気持ちもあるとは思いますが、基本的に自己満足感を得るためにネイルをしている方が多いのではないかと思います。
結婚式というものは自分たちで成り立つものもありますが、基本的に招待客がいてこその結婚式です。そして結婚式に招待した以上は有意義な時間を過ごしてもらいたいという風に考えることが重要です。
確かに結婚式の主役は新郎新婦なので、祝ってもらう立場ではありますが、本来結婚式は親に感謝の意を込めて、成長した自分とこれからの未来に対する想いを披露する場であると私は考えます。決して、着飾った綺麗な自分をみせるだけの場ではないということを忘れないようにしてください。
とはいえ、親戚の方々や上司やご友人方も、綺麗な女性を見ることは嫌いではないでしょうから、視覚からも招待客を楽しませることは必要だと思います。半分くらいは自己満足でも良いと思いますが、自分を魅せることを意識してみると、お互いに気持ちの良い結婚式になるのではないでしょうか。自分のドレスやネイルを見せびらかすのではなく、気持ちよく過ごしてもらおうという気持ちで招待客をもてなしてみましょう。
綺麗に着飾ることは、自慢のためではなく最低限の身だしなみとして考えていくと、外見だけではなく内面の美しさも引き出され、より一層輝けると思います。

着るものでネイルも変わる

ブライダルネイルと一口に言っても、衣装によってかなりデザインも変わってきます。 ドレスではなくて白無垢の打掛が着たいという方には和装向けのネイルがお勧めです。お色直し用のドレスに合わせたい場合は色遣いを工夫したりします。 どれだけの種類のネイルがあるのか、調べていきたいと思います。

ネイルに劣らないくらいのきれいな手を

せっかくきれいなネイルをしてもらっても、指がささくればかりだったり、手の肌がカサカサだったりすると、魅力も半減します。 ネイルだけではなく、手全体そして全身の手入れも怠らないようにすることが大切です。一生に一度の晴れ舞台ですから、どこから見ても綺麗な自分になりましょう。